がん遺伝子診断

がん遺伝子診断とは

がん遺伝子診断は、患者さまの少量の血液からがんに関連する遺伝子を解析することで、治療計画や発症・転移・再発のリスク(危険度)の評価に役立たせるものです。

がんに関連する遺伝子には、細胞を増殖させるアクセルの役割をする遺伝子と、細胞増殖を抑制するブレーキ役の遺伝子、そして傷ついた遺伝子を修復する遺伝子があります。1つの遺伝子が傷ついただけですぐにがんになるという訳ではありません。いくつもの遺伝子の故障が段階的に積み重なることで発がんすると言われています。

がんに関連する遺伝子を解析し、どの遺伝子に変異や異常があるのかを知ることで、その遺伝子を修復するために効果的な薬剤や治療の判断、治療の効果や副作用、病後の予測などに役立てることができます。

画像での診断が難しい5mm以下のごく微細ながんや未病状態のがん病変のレベルでも評価ができるため、超早期発見によってがんの再発防止や発症の予防管理が行えます。

診断の流れ

1.インフォームドコンセント

患者さまに遺伝子診断の内容やメリットを説明いたします。

2.採血

静脈から約20mlの採血を行います。

3.検査・解析

衛生検査所にて検査・解析を行います。患者さまの氏名などの個人情報は暗号化され、個人の特定ができない状態で検査・解析が行われます。採血から解析まで、厳重な管理体制のもと行うため、個人情報が外部に漏れることは一切ございません。

4.結果説明

医師より、がん遺伝子検査と解析結果についてご説明いたします。

患者さまの現在の治療状況など合わせて、どんな段階でも、遺伝子診断の結果をもとに最適な治療計画や予防についてご提案を行い、患者さまと協議して今後の治療計画や予防について決めていきます。

多価樹状細胞ワクチンによる治療を受ける場合は、ワクチンの製作に役立てます。

検査費

(税込)

がん遺伝子診断(精査コース) 216,000円

※健康保険適用外の診療のため、全額自己負担となります。
※価格は技術の進展とともに、予告なく変更する場合がありますことを、予めご了承ください。